電車で手コキ射精

学校帰りの女子高生の彼女は人がまばらな電車の僕の隣に座っている。
僕のチンポにはコンドームが被せてある。今から彼女に手コキをさせるのだ。
僕の膝の上には大きめなバッグが置いてあり、彼女はバッグの下に手を入れ他の乗客に怪しまれないように僕のズボンのチャックを開け、すでにビンビンに勃起しているコンドームに包まれたチンポを取り出した。
彼女はそ知らぬ顔をしながらシコシコとチンポをしごき始めた。
彼女は僕の耳元でいやらしい隠語を囁く。

すごい、もうビンビンになってるよ。
ねえ、チンポ気持ちいい?制服着た彼女にちんちん手コキされて勃起してるの?
このチンポ毎日あたしのオマンコに入れて欲しいの。ズボズボって・・・
制服のままいっぱいセックスしようね。いっぱいあたしに射精して欲しいの・・・
あん、コンドームの中でクチュクチュ音がしてるよ。ヌルヌルのチンポ汁が気持ちいいんでしょう?
あたしのオマンコに出すみたいにザーメン射精してもいいのよ、
フェラチオしてるわたしの顔に射精するみたいにドピュドピュ出して・・・
ほら、ドピュドピュして、いっぱい金玉のお汁射精して、
後でコンドームの精液飲んであげるから・・・
ほら、チンポ汁射精して、ドピュ、ドピュ、ドピュ、ドピュ、ドピュ・・・

彼女のそのドピュ、ドピュといういやらしくて可愛い囁き声に興奮し大量の精液を射精した。

カテゴリー「エロ小説」の記事

関連ページ

http://text4u.blog3.fc2.com/tb.php/11-e1e1606a

最新記事
カテゴリ
タグ
アダルト画像・動画サイト
携帯サイト
QR
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSS